ニキビを徹底攻略!・・・したいなぁ

花粉症というのは春に限定したものと考える人も多いのですが、秋に花粉症になる人も最近は珍しくなくなってきました。

実際に花粉症を起因する花粉を持っている植物は年中あるわけですから、アレルギー体質の人はいつも気をつけなくてはならないでしょう。

いろいろな花粉のうち、アレルギー反応が出やすいもので、日本人を悩ませるのはスギの花粉ですが、このスギに一番気を付けなければならない季節は春になります。

スギの花粉は2月から4月頃までが一番ひどく舞っているため、この時期は花粉の飛散状況を教えるニュースに気を配っておきましょう。

春は異常が見られなかったものの夏の訪れと共に異変が起きているなら、イネ科の植物が飛ばす花粉に反応している可能性があり、カモガヤやハルガヤ、ホソムギといった植物が夏に花粉を飛ばしています。

続いて花粉症が出る人が増えるのは秋になるわけですが、秋になるとヨモギ・ブタクサといった植物が花粉を多く飛散させるようになります。

中でも8月から10月頃が増えますので、道端に生えている草にも留意しましょう。

10月の終盤から1月の終盤頃の期間は花粉はあまりなくなりますので、花粉症の症状が落ち着く期間とも言えます。

秋には決まって具合が悪くなるという人なら、秋に花粉を飛ばしている植物に対するアレルギーがあると判断できるかもしれません。

それで、そのシーズンに入る前には睡眠も多めにとり、いつもよりも健康的な生活を送るようにしましょう。

花粉が飛び出す2週間前くらいから、病院で初期療法と呼ばれるものをしてもらえるはずです。

No Comments :(

Comments are closed.