ニキビを徹底攻略!・・・したいなぁ

潤った状態の肌を保つためには、乾燥を防ぎ保湿をすることが重要なこととなります。

保湿でよく言われているのが、化粧水などのアイテムを用いて肌を整えることです。

でも、知らない人も多いのは、正しい洗顔も潤い肌を作るには非常に大事なポイントです。

肌への刺激が少ない洗顔料を用いて力を入れずにそっと肌の汚れを落としましょう。

よく泡をたてるようにし、泡を肌に転がすつもりで洗うというやり方をします。

あとは、洗いすぎるということは必要な皮脂を奪うことになりますので、おすすめできません。

お風呂場にいるときさえも保湿が失われてしまうため、配慮しなければなりません。

お湯の温度を高くし過ぎたお風呂の場合、皮脂が抜けてしまいます。

さらに、硫黄の成分が含有している入浴剤を使用することも、肌をカサカサにさせる作用があります。

またさらに、ナイロンのタオルなどでこすることは角質を落としすぎてしまうことがあるので正しい洗い方ではないでしょう。

ソフトな感触のタオルと体にダメージの少ない石けん(弱酸性)を使って、体の汚れを落とすようにしてください。

それから、ぬるめの温度の浴槽にゆったりつかって温まり、肌にダメージを与えないようにします。

入浴が済むと、肌の水分が特に少なくなるので、時間をおかずにしっかりと顔などに化粧水をつけていきましょう。

その次に、乳液かクリームなどを活用して肌への潤いを逃がさないように守っていきましょう。

手足なども乾燥がひどい時は、ボディクリームで保湿を行い、肌への潤いをキープしましょう。

また、中でも冬の時期には湿度が低くなるので、肌もカサつきやすい時期となり肌荒れなどの問題が起こることもあります。

エアコンの風は、乾燥を助長してしまうため、加湿器などを使うことで湿度が下がり過ぎないようにしなくてはなりません。

No Comments :(

Comments are closed.